読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンベルの価格~!レビヤタンジャックが好評~!

安い
その間に!第1巻から読み直してみようと思っています。本シリーズはガチガチのスペースオペラで、その醍醐味は数百の宇宙戦闘艦による大規模艦隊戦で、昔読んだ田中芳樹の「銀河英雄伝説」に似た雰囲気があります。楽しみにしてます。

コチラですっ♪

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

レビヤタン ジャック キャンベル彷徨える艦隊11 巡航戦艦レビヤタン [ ジャック・キャンベル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

その結果は。戦闘力ではるかに上回る黒い艦隊に、人類の存続を賭けた闘いに挑む。SFの艦隊ものとして、面白いと思います。ギアリーは100年前の初戦の艦隊戦で艦を失い、救命ポッドで冬眠状態で宇宙を彷徨い、100年経ってから奇跡的に救出され、壊滅的ダメージを受けた自国アライアンスの大艦隊の指揮を執り、敵国シンディックを打ち破る。・翻訳:月岡小穂[ツキオカサホ] !英米文学翻訳家・発行:早川書房・発売:2016年10月・ページ数:480p■これまでに購読したジャック・キャッベルの著書・「月面の聖戦」(全3巻)・「彷徨える艦隊」…10巻まで・「彷徨える艦隊外伝」(全3巻)。。また異星種族との人類の存続を賭けた闘いも繰り広げられる。実のとこ!この巻は買っただけでまだ読んでないけどこのシリーズは外伝を含めて全部読んでます。−−−−−■本書の基本情報・筆者:ジャック・キャンベル [Campbell,Jack]・略歴:1974年、カンザス州の高校を卒業後、アメリカ海軍兵学校に入学。士官として海軍に長らく勤務したのち!退役。本書で<彷徨える艦隊>シリーズは一応終了で、この後は、このシリーズ以前の世界、戦争に至った経緯を三部作で執筆予定とのこと。本書はアライアンスが密かに建造した人工知能(AI)だけの”黒い艦隊”が狂い、敵味方関係なく非道な破壊を繰り返していく。主人公になってみよう。ハラハラドキドキの連続だ!2008年から読み始め、100年続いたシンディックとの戦争に打ち勝った第一シリーズ(第6巻まで)、本巻はその後の主人公ジョン・ギアリーの活躍や外伝を含めた第二シリーズの最終巻。2000年、ジョン・G・ヘムリイ名義の『月面の聖戦(1)下士官の使命』でデビュー。。